追加にダイエット食品
追加にダイエット食品
ホーム > ダイエット > 食欲が止まらない状態が急にきた

食欲が止まらない状態が急にきた

食欲とは人間の3大欲求の一つです。

体にエネルギーが足りなくなった時に、脳が発信する合図なのです。

しかし、この本来の食欲とは別の食欲も存在します。

それは生きている上で感じる、感情や記憶、目で見る情報により生まれる食欲です。

甘いものは別腹なんて言葉が聞いた事があると思います。

本来の食欲は満たされているのに、好物を食べたいという欲により生まれる食欲なのでしょう。

このように食欲が止まらない状態が急にきたり、本来の食欲以外の欲が多い人こそ、過剰に食べてしまうので太りやすくなってしまうのです。

イライラした時や不安を感じた時に、ストレスが原因で食欲が止まらなくなる場合があります。

ストレスにより食欲は増して、食欲を抑える成分が減少してしまうことで、食べる量が多くなるのです。

また、いつもより食べ過ぎてしまったことに対してストレスを感じてしまい、また食べてしまうという悪循環になってしまう場合があるので要注意です。

女性の方で良くあるのが生理になると食欲が増して食べ過ぎて知まうという話ですよね。

生理が近づくと「プロゲステロン」という成分が増加します。

プロゲステロンの働きとして、体に栄養分を多く蓄えようと働き出すために食欲が増すと言われています。

そしてホルモンバランスが崩れてイライラしたり、ストレスで食欲はさらに増してしまうのでしょう。

スマートフォンと食欲の関係性も問題視されています。

スマートフォンが発するブルーライトを浴びることで、体内時計が狂ってしまうことが原因です。

それにより食欲のリズムが狂ってしまい、食べたばかりで食欲がでてくる場合も、おかしくありません。

現代社会でブルーライトを回避するのは難しいですが、食欲で悩んでいる方は極力控えてくださいね。

いくら食事をしても、たんぱく質が足りてないと食欲が満たされないという場合があります。

お菓子や揚げ物などは、たくさん食べても足りない気持ちになりますが、肉や魚は満足な気分になるでしょう。

食事にたんぱく質を混ぜることで、食べ過ぎ防止が期待出来るでしょう。

のむベリー青汁はダイエット中に理想な栄養バランスは補給できます。